スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンランキング

どえらいサービスが誕生しましたね。
ポケモンランキング!

これのおかげで対戦中のデータ取りをしなくてもよさそうですね。
ポケモンの使用率や技の採用率、持ち物。その他にもどのようなポケモンを倒しているかなど、様々な情報が手に入ります。
これを見ることでメジャーなポケモンがわかったりパーティ構成に活かせますし、対戦でも読みのサポートをしてくれます。

ちなみに使用率トップ3はガブリアス、ファイアロー、ガルーラの順番。

このランキングを見ることで様々な環境がわかってきます。例えばファイアローのやられたポケモンとしてキノガッサが上がっています。これは本来はキノガッサに強いのにファイアローが負けてしまうのはキノガッサに岩技を覚えさせている人が多いということがわかります。岩石封じに気をつけようという考えも対戦中に考えることができるようになります。

他にもハッサムのようなポケモンがフシギバナに倒されることが多いとなればめざぱ炎を覚えさせた人が多いということも考えられます。
持ち物に関してもギルガルドは弱点保険持ちが多いから警戒しようなどとも考えることができたり、読みの幅が広がります。
これらのものは長く対戦してれば経験則でなんとなくわかることなのですが、データとしてあると信頼性が高くなるので、こまめにランキングをみて情報を仕入れることで、勝率は上がるとおもいます。

スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

ポケモン対戦で勝率をあげるルーズリーフ

今回ご紹介する商品はこちら!
勝率をあげるルーズリーフ!
ポケモンをやっているけど、勝率が7割ぐらいから伸びない人にオススメの方法!
勝率というのは高くなればなるほど維持していくことが難しい。さらにポケモンという運の絡むものでは、高い勝率を維持するのは不可能だ。って思っているあなた。
そう、そこのあなた。そう思うにはまだ早い。ためしてないことが沢山あるんじゃないの?

とまぁ胡散臭い通販番組は置いといて。

基本的には勝率をあげるノートの記事の内容も被るから、そこらへんはそちらを参考して欲しいね。

ノートと違う点はページを入れ替えられるから、必要に応じてどんどん書き込めること。
これでノートの頃よりはかどっています。

例えばポケモンごとにルーズリーフに対策を書いていく。

キングドラを例にすると、基本種族値や、弱点などを書く。
そこから細かく書いていく。相手の持ち物がわかったら記載。
戦った回数、相方で誰が多いか。雨降要因もチェック。
とかいろいろ。
勝ったときのポケモン、相性のいいポケモンや、きつかったポケモンなども書いておく。
3on3なら、お互いのメンバーと勝敗ぐらいは書いておこう。

ルーズリーフならいくら書いても増やすことができるので便利。
データとして残しておけば次回における対策に役立つので勝率をあげることに繋がります。

まぁ無理してやるものではないね。

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

簡単なまとめ【BW2】

記事のまとめと対戦をするまでに何をすればいいか簡単なまとめ。(大嘘である)
簡単なまとめだから、詳細までは書かないよ。
攻略サイトなどをみれば載ってるし、丁寧に説明してるところだってたくさんあるからね。
対戦をするのに必要なものはポケモンとアイテムで足りる。

①まずは簡単なアイテムから紹介。

命の珠、こだわりスカーフ、きあいのタスキ、たべのこし、ラムの実

最悪タスキとスカーフはとっておく必要がある。

②ポケモン
ポケモンは個体値を理解して強いポケモンを孵化する必要がある。
孵化および育てるのに必要なアイテム。
メタモン、かわらずのいし、パワーリスト系、

あとはジョインアベニューを有効活用しましょう。

あとポケモンは育てる前に完成系の型を考えておきましょう。
じゃないとあとで泣くパターンがある。卵技じゃないと遺伝しないとか、努力値振り間違えたとか・・・

あとは下は過去記事のリンクになります。途中でだれてリンク探すの諦めたけど、良いことかいてありますよ、きっと

補助技について・・・ ポケモンの優秀な補助技がまとめてあります↓
補助技
補助技2

努力値振りについて・・・  迷ったらこれを見るんだ!
努力値振り
努力値振り2

簡易パーティー決め・・・ 迷ったら(ry
簡易パーティー決め

天候パーティー対策・・・ 天候パ強すぎ!って人に まぁ対策しても負けるから強いんだけどね
天候パ対策

安定行動・確定行動・・・ 理論になるのかな?まぁこういうのがわかってくるだけで勝率は上がるんだけどね
安定行動・確定行動

あとはカテゴリで重要ポイント【まとめ】というところを見ていくと、めんどくさいけど勝率をあげる方法論が書いてあるから本気で勝ちたい方はそちらもどうぞ。

あと過去記事にパーティー紹介とかも適当にしてあるから発掘したら見つかります・・・

勝率を高めるためのノート

ポケモンを始めて3ヶ月ぐらいたったときのこと。
この頃はポケモンの型を大体覚えて、すばやさ種族値表も覚えたぐらいで、
使っているポケモンはWIKIのメジャーな型を参考にしてつくり、パーティーは大体相性がよさそうな感じで決めていた。
勝率も6割前後を行き来するだけでぱっとしなかった。


そこでどうすれば勝つことができるかと考えた。

勝つということは負けないこと。負けないということは勝つこと。

そして勝ち筋、負け筋について考えることにした。

勝ち筋とは、簡単にいうと勝つときのパターンといえばいいのだろうか。例にあげるとギャラドスのりゅうのまいですばやさと攻撃を上げて、相手の一気に倒す。

そして負け筋は、負けるときのパターンといって、例にあげるとエースであるギャラドスが電気技でやられてしまった。

といったかんじ


ポケモンで強くなるためには、勝ち筋にもっていくことと、負け筋にもっていかれないということ
という考え方がある。

そこでノートの登場である。

対戦の内容を全てノートに書く。
非常に面倒だが、勝率は大きくあがるだろう。(すでに自分のパーティーが完成していて理解している人は除く)

第四世代の話だが、とあるポケモン対戦の掲示板の6対6専用の対戦板で勝率9割を超えていました。
まぁこれは対戦相手がわかるからノートを取っているので、どういうパーティーを使ってくるか、又○○さんのゴウカザルの型はスカーフ型だ、とか書いてあるからここまで勝てたわけであって、今のBWのランダムの環境だとこういう情報は使えないので、効果は下がると思われる。


使いかたは、対戦内容を全てノートに書くことである。

1、まず使うパーティーを決め、そしてノートにそのパーティーと型などを全て書く。

2、ひたすら対戦 対戦中に

対戦相手のパーティーを書く。 相手が技を使ってきたら、その技も記入。持ち物なども判明したら記入。努力値振りもわかったら記入してもよい。 そうすることで流行っている型がわかったりもする。

そして対戦の途中経過も全て書く。

一ターン目 こちら水ロトム、相手 ギャラドス→オノノクス、こちらはボルトチェンジでマンムーに交代。オノノクスに二割ぐらいダメージを与える。 
ニターン目 ・・・

もっと簡易化してもいいけど大体こんな感じ。

こうすることでなんで負けたかといった負け筋が見えたり、勝ったときは勝ち筋が見えたりする。
他にもデータを取ることで、あまり使わない技がわかったり、相手に○○のポケモンがいるときに負けることが多いなどわかってきたりする。
負け筋がわかったらそこを対策してまた新たにパーティーを編成したりしてまた対戦を繰り返す。こうすることで強いパーティーができていく。

あとは自分なりにお好みで蛍光ペンなんかを使って、安定行動、読み、など加えていけばいいと思う。

他にもデータがあって見直してみたりすると面白かったりする。
なんでここで自分はこの技を使ったんだろうとか、ここでの読みはすごいなーとか、色々わかる。



最後に
学校の勉強はつまらないとかあるが、ポケモンも本気でやるなら勉強と変わらないということ。
私はこういう遊びに関しては本気でやることがあるので、ノートを取って傾向と対策を練ることを選んだ。
他にもポケモンは、ダメージ計算式、種族値、型、技、など覚えることはたくさんある。
絶対に合わない人はいるだろうし、遊びにそこまでやることははっきりいってないと思う。
どうしても上を目指したい人にはオススメできるかもってこと。

ダメージ計算の重要性について

ダメージ計算ができてそれを活用することで勝率が上がることは間違いないと思う。



これが50レベルでの大まかな計算式
( 技の威力 × 攻撃側の能力値 ÷ 防御側の能力値×22 ÷ 50 + 2 )×(0.85~1)
実際にはちょっと違うところもあるが、対戦でダメージ計算するのであればこれでよい。
最後の0.85~1というのは乱数できまる。



ダメージ計算ができることということは、ポケモンの種族値や努力値や個体値についても覚えていく必要がある。
これは暗記するしかないのでここでいうことはないかな。
lv50戦では、個体値が31で努力値252振りすると種族値+52になると覚えておくといいかも。



ダメージ計算ができて得すること

・こちらの攻撃で相手が倒せるかどうか大体わかる。

・相手の攻撃でこちらのポケモンが耐えるかどうかがわかる。

・相手の拘りハチマキ持ちや拘りメガネ持ちがわかることがある。

・相手の努力値の振り方がわかることがある。

・相手の個体値厳選していないことなどがなんとなくわかることもある。


これによって数手先を予測でき、安定した行動がとれることがある。

ゴウカザル控えにラグラージがいて相手がナットレイがいるとする。大文字が当たれば勝ちが確定するが、命中が不安定である。
ここで計算をしてゴウカザルのインファイトとラグラージのばかじからで確実に倒せる場合などがある場合は、後者のインファイトを打ったほうがいい場合もある。

ダメージ計算はあらゆるところで使えるので、使えば使うほど情報が入手できて、こちらに有利になるので少しでも勝率を高くしたい人はチャレンジしてみてはどうだろうか?

しかしダメージ計算は普段やってない人からしたらめんどくさいものだと思う。別にやらなくてもなんとなくでわかるという人もいる。確実性をとるならダメージ計算をしましょう。

実際の式よりずれてるけど、対戦中はこれでも大体わかると思うから簡易計算式の式を下に書いておきます。


簡易計算式

こちらが攻撃の場合

(技の威力 × 攻撃側の能力値 ÷ 防御側の能力値×3÷8

こちらが攻撃を受ける場合

相手の技の威力× 攻撃側の能力値 ÷ 防御側の能力値×4÷9


相手の防御力はわからないので相手のポケモンの種族値+20

相手の攻撃力がわからない場合は相手のポケモンの(攻撃系種族値+52)×1.1


まあ各ポケモンの努力値振りのテンプレがあるからそれを覚えておけばよい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。